またもや高騰!ビットコイン!資金に余裕があれば買うべきか?

資産を増やす

11月にビットコイン の価格が高騰しており、2018年の高値以来の
水準になっています。

そして、12月に入り、さらに値段が上がりついに初めて2万ドルを
超えたというニュースが来ました。

このように高値になると、多くの方が「へぇー、買おうかなー」と言う
気持ちになるものです。

一方で、ニュースになった頃には、すでに価格は上がりきっていて、
今更買っても損するだけと感じる人も多くいると思います。

そこで、この記事では、ビットコイン についておさらいし、
今買うべきなのかを考えていきましょう。

結論から言うと、資金に余裕があるのであれば、買うべきだと思います。
そして、少なくともビットコインの取引の為に口座を開いておく事を

おすすめします。

今は買うつもりがなくても、いつか、買おうとなった時に、口座がないと
購入できず、期を逃してしまったり、口座作るの面倒になって、結局買わない
なんて事がある為です。

ですので、この記事にたどり着いた読者の皆さんは、少なくともビットコインを
買おうか迷っているはずですので、口座だけは開設しましょう。

ビットコインに投資をする時、ビットコインをどのようにとらえるべきか?

法定通貨のデフレに対するリスクヘッジ

今年世界経済を大混乱に陥れた新型コロナウィルス ですが、この経済対策として
世界中の国が行った事ってご存知ですか?

そうです。お金を刷りまくってばら撒きました。

そして、お金を大量にばら撒いた結果どうなったか?というと、よく言われているのが
世界の株式市場の株価上昇です。

現時点でも第2波、3波と世界各国で起きており、ヨーロッパは各都市でロックダウン。
アメリカでは大量の死者が出ているにもかかわらず、株価は上昇しています。

市場に大量に溢れたお金が、株式市場へと流れたと言われています。

そして、世界の投資家たちはこの状況であるリスクを懸念しています。

それが、法定通貨の価値の下落、つまりデフレです。

そりゃそうですよね。実体経済は良くなってないのに、お金だけばらまかれて、
株価も上昇して、お金が余った状態になっているわけですから、
お金の価値そのものが下がっていくと考えるのはごもっともだと思います。

将来性への先行投資

そして、そのような状況でビットコイン がデフレのリスクヘッジとして
考慮されるようになってくると同時に、将来性を考えて投資する人も
増えているようです。

今回のコロナウィルス で大きく分かった事があります。
それは、

デジタル化した物やお店は殆ど影響を受けなかった

という事です。むしろ業績が上昇した
会社もあるくらいです。

代表的な例で言うと、アマゾンです。
オンラインショッピングの代表格ですが、これもデジタル化した会社ですね。
なぜなら、店舗がインターネット上にあるので。

他にも、会議をインターネット経由で行うZoomも、良い例だと思います。

そして、このようなインターネット上でのやり取りが大きくなっていくと、
通貨の登場と言う事になります。

現状、法定通貨もインターネット上で振り込み等もできる為、結構デジタル化
されている印象ですが、法定通過には為替や、海外送金などにかかる時間や
手数料などがあります。

ですが、仮想通貨の場合、そもそも全世界で共通なので、送金なども
スムーズにできる事が期待されています。

またビットコイン の根幹技術のブロックチェーンによって、より
クリーンで不正ができない通貨になる事が期待されています。

このような背景より、世界の投資家の中で将来への期待も込めた投資を
行う人がたくさんいます。

【株オンライン】<<騰がる株掴むなら>>株投資のプロが重要ポイントを随時配信中!!

ビットコインを取り巻く環境の変化

ペイパルで利用可能になる

ペイパルが仮想通貨市場に参入したと言うニュースが話題になりました。

ペイパルといえば、オンライン決済の大手として、かなり利用している人も
多いのではないかと思います。

そんなペイパルで仮想通貨の購入、売却、保持ができるようになれば、
必然的にビットコインなどの仮想通貨を購入する人数が増えると考えられます。

実際、このニュースのあとビットコイン の価格は8%上昇しました。

仮に今後、大手金融機関がペイパルに続くように仮想通貨へ参入するとなれば、
ますますビットコイン の価格上昇が見込めます。

今後も他社が追従してビットコインの現実世界での利用が進む可能性は高い

そして、今まで述べてきた、
・経済対策による大量の資金の投入
・法定通貨の価値の減少
・リスクヘッジ

という事を考えると、今後も仮想通貨への参入を決断する会社はこれからもどんどん
増えていくものと考えられます。

現時点でとるべき行動は?

余裕資金の中の余裕資金で毎月積み立て投資をしていく

では、我々個人投資家はどう対応するのか?

それは、株式投資等と同様に、余裕資金で投資をしていき、積み立てていくべきだと思います。
ただし、この余裕資金は余裕資金の中のさらに余裕資金で行うべきです。

ビットコイン の価格の動き方はいまだに幅が大きく、安定しません。
つまり、そのお金は無い物と見做せるような資金で投資しておく必要があります。

ですので、もしあなたが、全くの投資初心者であれば、まずはオーソドックスな
金融商品、例えば株とか投資信託の購入からスタートする事をお勧めします。

投資について勉強したい方は以下の投資の学校で勉強からスタートしてもいいと思います。

個人的には習うより慣れろ!で初めて見るのがお勧めです。
まずは貯金感覚で投資ができるAIによるお任せ投資もいいと思います。

私もAIロボット投資をしていて、安定して利益はだせてます。
実績報告の記事は以下ですので、興味があれば是非読んでみてください。

既に投資資産がある場合はその資産のうちの2,3パーセントで投資していく

すでに投資資産を持っていて、ある程度経験がある方であれば、資産の2,3パーセントを
ビットコイン として持っておくのがいいと思います。

実際私も3パーセント前後の割合でビットコインを持っています。

興味があるならとにかく口座開設をしておこう!

最初の結論でも言いましたが、とにかく、口座を作っておく事に
損はありませんので、口座だけは作っておく事をお勧めします。

私がこの記事で言いたかったのは、とにかくこのことに尽きます。
口座を開いて、少しでも金融商品に興味を持って、そして知識が増えていけば、
大きな一歩になると思いますので。

では次の記事でまたお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました